​「time」


2021

テラコッタ、釉薬

昔熱海に祖父母が住んでいた頃に

ベランダから見えた海を思い出していた。

波が寄せて引いていく時の連れ去られる感覚や絶え間なく続く波の音に、

時間が止まらないことを思い知らされる。

いつか必ず死が訪れることを知らせている。

それでも、水面に反射する光はやけに綺麗だった


今、身体を流れる水

はじめは水に包まれていたことを考えていた。